前へ
次へ

美容にもよい食用のココナッツオイル

美容のために、食用のココナッツオイルを利用している方が増えてきています。ココナッツオイルは、ビタミンEを多く含んでおり、コレステロールを下げる効能があります。また、脂肪として蓄積されづらいといった特色があります。そのため、食事で使うオイルの代替として利用することで、美容・ダイエットに効果を得ることができます。例えば、バターやマーガリンの代替としてパンに塗ってみるのもよいですし、炒め物を作る際に、炒め油として使ってみるのもよいです。海外では、スプーンでそのまま食することもあります。ココナッツオイルは、酸化しにくい特徴があります。おおよそ25度以下になると固まりますので、口の広い容器に保管するのがよいです。

ココナッツオイルを日常に取り入れましょう

ココナッツオイルは私たち日本人にはあまり身近な食材ではありませんが、最近では美容にとても良いとブームになっています。元は有名な海外の女優さんが愛用していることで広まったようですが、今では日本でも愛用している芸能人が多数いるようです。しかし、ココナッツオイルと言っても、ただのココナッツオイルではなく、オリーブオイルと同じく、添加物などが一切入っていないヴァージンココナッツオイルを選ばなくては、美容に役立つ栄養がなくなってしまうので注意が必要です。普段の食事のオイル代わりや、お茶などに入れたりして食用とすることで、豊富に含まれる中鎖脂肪酸が私たちの脂肪を分解してダイエットに役立ったり、老化防止にも焼く出つ優れものです。

Page Top